カメズ便り
ある地方都市の大学を卒業し、ある地方都市の証券会社に就職した4年目証券マンの株の話や競馬の話、時には所属している草野球チームなどいったたわいないのない話です。
--/--/--(--) --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Trackback [x] |Comment [x]
 
2007/12/06(木) 23:25:18

さよなら豚馬亭

昨日の話ですが、仕事の用事で八幡町方面に行ったんですよ。その途中であの懐かしい店の前を通ったのですが、そこには我が目を疑う光景がありました。

なんと、あの豚馬亭が解体されていました…。

豚馬亭とは私にとって数々の伝説や逸話がたくさん詰まった店であります。

あの良く言えば昭和の匂いがプンプンするモダン(実はただボロいだけ)なあの店には様々な看板?メニューがありました。火の玉ドーフやゲロドーフ、ジャンボ固焼きに巨乳ハイ(ただのカルピス巨峰ハイ)などなど、豚馬亭のマスター(アル中)が奏でる味のハーモニーは私たちの酒宴には欠かせないものでした。

そんな豚馬亭ではあったのですが、数年前のある日いきなり閉店してしまいました…。噂ではあのアル中マスターが夜逃げしたとの話でした…。

かなりショックでしたね。あの豚馬亭でとりあえずうまい酒やメシがもう味わえないんですから…。

豚馬亭が閉店して今まで店舗自体は一応残っていたのですが、ついに昨日、解体となってしまいました。

盛岡の身を切る冷たい風が私の心をも吹き抜けていきました。我が想い出の店、豚馬亭よさよなら…。

個人的にはかなりのお気に入りでした。中学や高校の友達と楽しく呑んだあの日はプライスレスです。
[さよなら豚馬亭]の続きを読む
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。